おはようございます! おかげで今朝も元気にさわやかな朝を迎えています。 昨日は午前中地元の監査役をしている会社の役員会に出席しました。 3月までの四半期決算の検討会でした。昨年に比べ客足が減少しています。 その後連休も天気悪く東北震災の影響で中国、韓国からの客激減しています。 キャンセル相次ぎ、挽回に知恵を出さねばなりません。 経営は水ものというか何が起きるか分かりません。 午後からは顧問をしている会社の経営者来所され、月次決算の検討しました。 貸借対照表、損益計算書、資金繰り表を基にマインドマップを使い検討結果を まとめました。決算書の数字からいろいろ課題が浮かび上がってきます。 課題にどう対処していくかを整理していくと会社のこれからの方向をどう判断 していかねばならないかが見えて来ます。いろいろ検討をしていくに当たり 思考の3原則を当てはめていくようにしています。 長い目で見る、多面的に見る、本質を見るという見方は大切です。 日々の仕事を通じこの考え方を深めていかねばなりません。 経営者に適切なアドバイスできるよう研鑽をつまねばなりません。 夜は地元の金融機関の役員懇親会に出席しました。 決算終了後毎年行われています。この金融機関大正6年に設立され今年 94年目の決算です。長い歴史を感じます。幾多の試練を乗り越え堅実な経営 をしています。役員の人達とも杯を交わしながらいろいろ歓談できました。