おはようございます! 高松のホテルで朝を迎えています。眼下に高松城見えます。 日本公認会計士協会西日本連合総会に出席するため家内と新幹線、マリーンラ イナーで高松に来ました。大牟田から4時間の旅です。 沖縄、九州、中国、四国の公認会計士約300人集まり総会開催されました。 「公認会計士と役割と未来像」を統一テーマに地域社会の中で公認会計士とし てできることについて各地区から会員の意見発表されました。 公認会計士試験合格者の未就職問題に見られるように会計士を取り巻く環境も 大きく変わってきています。公認会計士として監査業務以外の役割と業務を担 えるか問われています。会計士としてやれる可能性をいろいろな角度から模索 し取り組んでいきたいものです。 NPO法人アーキペラゴ理事長の三井氏の「地域を元気にする地力×人力」の タイトルで記念講演ありました。高松、瀬戸内海、香川県のまちおこしに積極 的に取り組んでおられ、確実な成果出てきています。何も無いと思い込んでい る中に多くの可能性あり、見事に花を咲かせておられます。 足元のシーズを見出し、育む大切さを教えられました。 総会後懇親会ありました。多くの知人に会い楽しく時を過ごしました。 高松に小、中、高校の同級生がいます。懇親会後久しぶりに会いました。 女性ですけど今香川短期大学の教授をしています。前向きに積極的に取り組ん でいく姿勢に圧倒されるほどでした。女性のたくましさを感じます。家内も皆 同じ年ですが今を大切に精一杯生きていこうと話弾んだ一夜でした。