おはようございます! 日一日と秋も深まって来ました。今朝も元気に朝を迎えています。 少しせきが出るので風邪に注意しなければなりません。 昨日は日曜日でしたが太宰府にある福岡県盲人協会へ出かけました。 経営改善委員会のメンバーになっています。委員のメンバーは盲学校の元 校長先生や鍼灸師の方がなっておられます。見識を持った方達です。 盲人協会は視覚障害者の方のための施設運営、点字図書館、点字印刷、相談 事業を行なっています。収支バランスが年々悪化してきていて、体力のあるう ちに経営改善を行わなければなりません。 決算書をもとに収支状況を精査し、これからの課題を整理しています。 経営改善するには収入を増やし、経費を削減しなければなりません。 具体的に何をすべきかを詰めていくと現実の壁にぶつかります。 何をするにも痛みを伴います。これを避けては何も改善できません。 盲人協会に限らず業界業種を問わず共通課題です。 関係者の理解を求め、痛みを分かち合って改善に取り組むこと肝要です。 プロジェクト会議終わって有志の人達と会食しました。 一人の方は早稲田大学を卒業後三菱商事に勤務していた所30歳頃目が見えな くなり会社を退職し、それから盲学校に行き鍼灸師になっておられます。 目が見えなくなり不運であったけど決して不幸ではないと明るく、真正面から 前向きに生きておられる姿に感銘しました。視覚障害者の方に接し、改めて 5体満足の有り難さとこれに気づいていない自分の甘さを痛感します。