おはようございます! 12月に入り全国的に冷え込んでいます。今朝も元気に朝を迎えています。 日々いろいろなこと起きています。 朝刊に東芝の北九州2工場閉鎖の記事出ていました。 東芝は昔会計士になった時監査をしていました。 その後目を見張るような成長を遂げていただけにショックです。 円高による厳しい経済環境の中での止むを得ない選択と思われます。 日本を代表する企業に同じようなこと起きています。良い物をより安くが経済 競争の基本です。国際競争の中で容赦なくこの原則が突きつけられます。 日本が高度成長できた時と環境大きく一変しています。 この環境変化にいかに対応していくかが日本経済の大きな課題です。 これからの日本経済しっかり腹を据えて取り組まねばなりません。 夜司馬遼太郎の坂の上の雲をテレビで見ました。本でも読んでいましたがテレ ビは臨場感あります。日本が統一国家に生まれ変わり世界の中でいかに生き残 り成長発展していくかの壮大なドラマです。 これからの日本を考える上で示唆に富んでいます。小さな自分を捨て国の為に 何をすべきかを考えること今の日本に求められています。 ケネディ大統領の「国から何かしてくれることを求めるのでなく、国の為に何 ができるかを求めよう」の言葉良くかみしめたいものです。 国のためにではなく自分のためにで行く風潮が今の日本を作っています。 これからを考え足元をしっかり見つめ直さなければならないようです。