おはようございます! 朝から窓を開けると有明の月こうこうと出ています。有明の月滅多に見ることできません。 朝の新鮮な空気胸一杯に吸い込むと新たな力出て来ます。さわやかな朝を迎えています。 今日は東北震災からちょうど一年になります。この一年の被災地の人達のご苦労想像を絶するもの あります。大分復旧したというものの計り知れない爪痕残っています。 今度の震災これからの日本を考える上で多くの示唆を与えています。 災害忘れたときにやってきます。足下をしっかり見つめておかねばなりません。 改めて犠牲者の方に黙祷を捧げるとともにこれからの復旧を心よりお祈り申し上げます。 昨日は久しぶりに熊本にいる母の妹のおばを訪ねました。今年90歳になります。 足腰もしっかりしていて毎朝近くを散歩したり、俳句に親しみ元気にしています。 長年俳句をたしなみ、毎月の句会を楽しみよく新聞にも投稿しています。 これからの長寿の時代ただ生きているだけでなく自分で生活でき趣味を楽しめること何より大切と 思います。母はおばより1歳上で36年前53歳で亡くなり、私にとり母のような存在です。 近くに住んでいるいとこ達も集まり皆でお昼中華料理店へ行きました。 皆から古希と出版祝いをしてもらい和気あいあいと楽しいひと時を過ごしました。 いとこ達もいつの間にか良い年になっています。皆それぞれの人生を歩んでいます。 これからはいろいろ口実を作って皆と会える機会を作りたいものです。 熊本から西日の美しい有明海の夕景色を楽しみながら自宅に戻りました。