おはようございます! 今朝も少し曇り空です。庭のバラが満開です。今朝も元気に朝を迎えています。 昨日は一日大牟田で過ごしました。通勤ないだけ楽に感じます。 午前中有明ねっとこむの決算打ち合わせをしました。設立25年になります。 おかげで9期連続黒字を計上し、累積赤字もなくなり1千万円を超える経常利益計上できました。 この業界変化激しいだけにこれからを良く考えて経営しなければなりません。 おかげで無借金経営ですが次の事業を創出しこれからに備えなければなりません。 第三セクターの会社ですが、これを生かした経営も必要です。自治体の情報管理もこれからの可能 性として期待しています。他の追随を許さない独自の体制を構築したいものです。 午後から大牟田市活性化推進協議会の役員会に出席しました。 ポスト石炭後の大牟田市の経済復興をいかにはかるかで10年ほど前に設立されています。 これまで技術開発支援や啓蒙活動等に力を注いで来ています。最初基金の運用益で運営されていま したが、金利の低下で運用益でなくなり根本的な資金確保を含め事業の見直し必要です。 資金がないから必要な活動できないのか、内容が乏しいので資金生まれないのか見極めなければな りません。ここをしっかり見ることも監事の大切な役目です。 夜は定例の会議所、大手事業所の人達との会合に出ました。10年以上続いています。 相互信頼のもとで率直な意見交換できること大切なことです。お互いの立場を良く理解した上で 様々な問題にどう対応していくかを考えていくこと重要です。 三井化学今年創立100周年です。大牟田から化学工業の仕事生まれています。石炭の持つ可能性 の追求から様々な科学技術開発され、石油に及んで日本経済発展に貢献しています。 足下を見つめ直し、これからの可能性を求めていきたいものです。