おはようございます! 朝から肌寒い感じでシャワーの必要ありません。今朝も元気に朝を迎えています。 昨日は一日大牟田で過ごしました。通勤ないと気分的に楽です。疲れ方が違います。 午前,午後顧問先の社長来所され、月次決算に基づき経営課題の検討をしました。 経営者としての数字の見方を繰り返し話しています。決算の数字から次ぎに繋がる経営課題を明確 にしていくことが肝要です。数字の背景をしっかり読み取らねばなりません。 業績の善し悪しの背景と課題を取り違えると打つ手がすべてピント外れになります。 単年度だけでは分かりませんが数期間の流れを大局的に見て行くと変化を読み取ることで来ます。 おや,何故だろうということをきっかけに掘り下げて行くことが大切です。 いい加減に妥協せず納得いくまで考え抜いて行く所から次の道が見えて来ます。経営には業種,規 模に関係なく共通の所あります。経営は時代の流れ,環境変化の影響を受けます。 外部の要因だけでなく足元をよく見つめ直して行くとやり残している所沢山あります。時代に関係 なく自分のやれる所,やらねばならないことをしっかりやり抜くことが何より肝要です。 夜は新起会(若手の人との勉強会)でした。毎月やっていて20年以上になります。 継続は力というか新起会も独特の人間関係で来て来ました。これからが楽しみです。 日本航空の今回の倒産から再生したことをベースに事業再生の話をしました。 来年3月の金融円滑化法の期限切れで不良債権問題が大きく表面化すると思われます。 資金繰りが困っているからなんとか資金援助しようとするだけではすみません。 会社、事業の社会的存在意義、経営者の目的意識、自助努力をベースにどこまで再生可能かを総合 的に見て判断していかなくてはなりません。単に資金注入するだけでは決していい結果生まれず かえって日本経済を大きく根本から弱体化させていくことになることを懸念しています。勉強会後 の二次会で皆と意見交換しました。相互啓発をはかり難局を乗り切ってもらいたいものです。