おはようございます! 朝から肌寒い感じですが今日もさわやかな一日になりそうです。元気に朝を迎えています。 一日一日があっという間に過ぎて行きます。二度と来ない今を大切にしなければと思います。 昨日は浄土真宗のお取り越しの行事で二日市のお寺の門徒の甘木市の家に伺いました。 毎年4件の家で持ち回りで行っています。浄土真宗では親鸞上人の命日の法要が行われていてそれ に先立ち信徒の家で御取越と言う感謝祭が行われています。昨日は20名の人が集いました。 お坊さんより法話があり、仏教の原点を自らの生涯に当てはめて話されました。人間は生まれた時 からお乳が欲しい,おいしいものが欲しい、着物が欲しいと要求ばかりして思うようにいかないと 他を恨んでしまう所がある。自分だけが不幸と人を恨みがちである。しかし視点を変えてみると 自分がいかに人から生かされているかに気づいた時世界が変わるとの話でした。 生かされている事がおかげで,また仏の慈悲であるという教えでした。同じ状況でも受け止め方が 変わるだけで世界大きく違って来ます。人間様々な業を背負って生きています。自分だけがと思う と更に苦しくなります。思うようにいかない所から多くの事を気づかされます。 なかなか思うようにいきませんが今時分は生かされている事への感謝,おかげでと思う事で大きく 変わるように思われます。普段思うようにいかず他を恨みがちですがすべておかげと受け容れて行 く事の大切さを学びました。 皆それぞれ大きな,重い荷を背負って生きています。自分だけでなく他の人も同じです。 共に力を合わせ生きて行きたいものです。生老病死を原点に皆多くの悩み,苦しみを背負って生き ています。自分が何を悩み,苦しんでいるか今一度基本から見つめ直したいと思います。大切なも のを見失わないようにしなければなりません。昨日の法要深く心にしみるものありました。