おはようございます! 今朝も元気にさわやかな朝を迎えています。寒さも段々本格的になって来ています。 昨日は日曜日でしたが事務所で過ごしました。一人で音楽を聴きながらの時間大切にしています。 年賀状名簿を作成しました。結構時間かかります。改めて多くの出会い合った事感じます。 年々喪中のはがき増えるような気がします。お世話になった多くの人亡くなられています。 皆その日を迎える事頭で分かっていますが今生かされている事の大切さを考えさせられます。 お昼NHKの囲碁を観戦しました。プロ棋士の囲碁の読みの深さに驚きです。 短時間で良く読んでいます。局面を見て瞬間的に手が読めるようです。読み間違い命取りになりま す。プロ棋士日頃から命削るように研鑽積んでいます。囲碁やゴルフでプロになる事大変です。 又これで生活出来る人限られています。その道で天才と言われる人ばかり集まっています。 この中で頭角を現し自分の世界を築いて行く事容易な事ではありません。 囲碁は一手一手交互に打って行きます。自分ではその手が最良と思って打ちます。 一手の価値判断が大切です。人生に通じるようです。日常生活の日々の行動も自分では良いと 思ってやっています。本当にそうかと自問してみると見落としが沢山あるようです。 夜は柔道の角道場の有志の忘年会に出席しました。年一回やっています。20名の参加でした。 小学校の時から柔道を共にした仲間の先輩、同僚,後輩の集まりです。柔道を通じ生涯の友を得た 事有り難い事です。最近は急激な少子化とスポーツの多様化と受験競争の激化で柔道人口年々減少 しています。日本の柔道人口16万人に対しフランス60万人、ブラジル200万人との事。 厳しい国際化の時代たくましい人材育成が求められています。武道、スポーツを通じ人間としての バックボーンをいかに育むか真剣に考え取組んで行かねばならない事を痛感します。