おはようございます! 人吉の旅館で朝を迎えています。これから久しぶりのハヤ釣りです。張り切っています. 昨日は朝から監査をしている人吉の会社を訪問しました。140KM,二時間のドライブです。 仲間の人達は前日から入っていましたので一人で運転していきました。大半が高速道路ですが 人吉周辺の田園風景は素晴らしく、心和みます。新緑とサツキがきれいです。人吉は盆地になって いて山,川の美しい所です。何度も来ましたがふるさとに帰ったような気がします。 関与先の会社はオートバイ関連の部品工場です。人吉に来て40年になります。親会社は愛知県に あります。リーマンショックまでは順調に来ていましたが、その時手痛い打撃を受けました。 これを乗り越え、業績も回復しています。大局的にこれからを考えると国際戦略を更に進めなけれ ばなりません.企業の国際化の中での生き残り戦略と国の利害は必ずしも一致しません。 国の貿易収支極端に悪くなり、大幅な貿易収支の赤字となっています。円高となり日本企業の 国際競争力落ち、完成品の輸入急増し、貿易収支悪化して来ています。1ドル360円が100円 になるとドル建てにすると国内の生産価格は3倍に輸出価格は3部の1に落ち込みます。原料を 海外から輸入し、付加価値をつけて輸出して付加価値を得ていた日本経済は完成品の輸入増加し 付加価値を売ることできなくなって来ています。日本経済の今後に大きな影響を与えています。 企業の生き残りとしては生産拠点を海外に移し国内生産は減少せざるを得なくなって来ています。 オートバイ業界にもこの影響が色濃く出て来ています。工場の人も今度インドネシアに赴任され ます。二千人位の社員で日本人は10人位そうです。日本人の雇用がなくなっていきます。言葉、 宗教,生活習慣、価値観、レベル等の違いある中で品質の高い仕事をしなければなりません。 国際化を具体的に考えていくと様々な問題を内蔵しています。 監査の仕事も今業績がいいこととこれからの環境変化で企業がどうなるかの視点で考えると 軽々に監査意見表明出来なくなって来ています。これからの大きな課題です。明日は週末で折角人 吉まで来たので一晩泊まって会社の人と球磨川でハヤ釣りをすることにしました。 .