おはようございます!
秋も深まり今朝は少し冷え込んでいます。日々淡々と過ぎて行きます。今朝も元気です。
昨日は三池高校の熊本の同窓会総会あるので早めに熊本へ行き久しぶりに叔母を訪ねました。母の
妹で今年92歳になりますが普通の生活出来元気にしています。従妹と生活しています。私にとり
母親代わりの大切な人です。小さい時からよくかわいがってもらいました。昨年11月63歳の
長男をなくしとても悲しみ落ち込んでいました。叔母短歌、俳句をたしなみ句会に入り自分の思い
を句にたくしています。息子の死に直面し親としてのやるせない気持を数多く句にしていました。
従妹夫婦や孫達で30句ほどを選んで手作りの句集出来ていていただきました。その中から幾つか
の句をご紹介します。
還暦を過ぎし子になほ意見するご無理ご尤もと茶化されながら
在りし日と云ふははかなし夕光(ゆうかげ)に子の後姿(うしろで)の遠ざかりゆく
碁敵(ごがたき)の弔辞短く暖かし 目つむりて聴く逆縁の除夜の鐘
夕方から三池高校熊本同窓会に出席しました。会場の鶴屋デパートの前のホテル日航に天皇陛下ご
夫妻来られるということで厳しい警備体制と交通規制行われていました。54名の参加でした。
同窓会会長挨拶で大牟田と母校の現状と課題の話をしました。厳しい現実ありますが直視して
同窓会として何をすベキかを模索して行きたいと考えています。80歳を超えた大先輩から現役の
大学生も参加し和気あいあいとした会でした。先輩、後輩話しているといろいろ共通のこと出て来
ます。一つ一つの出会い大切にして絆深めたいものです。