おはようございます!
体も少しずつ寒さに慣れて来ているようです。季節の変わり目風邪に要注意です。
昨日はパソコンサーバーのトラブルでグログ書くこと遅れました。普段当たり前に動いている所が
何かで動かなくなるとリズム狂います。自分の力ではどうしようもない所あります。
昨日は夕方から地元の有明高専へ出かけました。毎月高専の先生達5人と私の事務所で中国古典の
勉強会をしています。昨日はその縁で有明高専を案内してもらいました。創立50年になります。
5年間の国立の専門学校です。機械,電気工学、情報等の専門学校です。1学部40名、5学部で
1学年200名,全校生徒1000名です。こじんまりとした学校です。初めて授業風景や生徒達
とも話をしたり施設を案内してもらいました。教室で先生の講義を受ける授業も当然ありますが、
生徒達5~6人がチームとなりテーマーを決め専門の違う生徒集まり恊働で問題解決にあたってい
る風景新鮮に感じました。専門性を高めつつ他の専門家と共同して新たな可能性にチャレンジする
姿勢これから重要なことと思います。コンサルの世界にも共通するスタンスです。
少人数ですが学年を超えて夫々のチームで先輩、後輩一緒になりテーマーに取組み、先輩から指導
を受けつつ独特の人間関係育まれています。
ロボットを作っているチームにも行きました。人間とロボットで縄跳びをするロボットを作ってい
ました。人間とロボットの関係これからも大きな課題です。ロボットがやることにより人間の仕事
奪われます。人間のやる仕事は何かと古くて新しい課題です。
学校参観終わり先生達と中国古典の勉強会の変わりに学校教育のあり方、どういう人材教育をすべ
きかの意見交換をしました。若い先生達情熱的にいろいろ意見でて楽しい会で刺激を受けました。