おはようございます!
今の所雨降っていませんが大型台風九州にも接近しています。各地で大きな被害出ています。
大雨と風の被害想像を絶するものあります。自然の怖さを感じます。元気に朝を迎えています。
昨日は「致知」の中で横田南嶺(円覚寺館長)氏と境野勝悟(東洋思想家)の今日一日を精一杯生
きるの対談が心に残りました。日本人の精神に深く根付いている禅の心は、複雑な現代社会を生き
生きと生きる知恵に満ちています。若い頃から禅の本を読んで生きる力を得て来ました。
「一大事と申すは今日唯今の事」という言葉心にしみました。人間の一生、どんなつらいことがあ
っても今日一日の辛抱だと思えば耐えられるし、逆に嬉しいことがあってもきょう一日と思えばそ
れにふけることもない。きょう一日、目の前のことであれば頑張れる。きょう一日一所懸命やれば
いいと。私たちは過去のことにこだわりがちですけれども、それよりも「今日唯今」こうして呼吸
をしていることの素晴らしさ。それは自分の力ではなく大きな力の働きによって生かされている。
今日ただ今を精一杯生きることが何より大切で、それをおろそかにして翌日あることなし。全ての
人、遠きことを思いてはかることあれども、今を失うに気づかず。死ぬまであっという間なんだか
ら、「今日ただ今」」この一瞬を大切に、楽しく明るく生きよという教えです。今、ここに生きて
いることの有り難さを今更ながら実感します。かみしめて生きて行きたいものです。
日々何かとあわただしい日を送っています。大切なものを見失いがちです。時々古典や仏教の教え
等に照らして自分を見つめ直して行くことの大切さを感じます。