おはようございます!
朝窓を開けるとさわやかな風吹き込み賑やかな虫のコーラス聞こえます。夜明けの月きれいです。
静かな朝の一時大切にしています。好きな時間です。一日の始まりです。今朝も元気です。
昨日は午前6時半のJ R で福岡市郊外の監査役をしている会社の経営会議に出席しました。毎月の
定例会議です。詳細に各事業部報告行われます。厳しい状況続いています。歴史のある会社ですが
環境変化への対応遅れています。予算と実績の乖離大きくなっています。この差の中に会社の課題
入っています。固定費を賄う売上が確保されていません。ここで売上予算水増しになっている分が
収益悪化となっています。損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書を総合して見ると全
体像が浮き彫りになります。売上増の為の具体策と固定費削減の思い切った取り組みが必要です。
日本の企業の共通の課題です。企業は売上と費用のバランスを取れなければ存続できません。
理屈は簡単ですが具体的にこれをどうバランスさせるかが経営です。経営者を経験しているだけに
社長の苦悩もわかります。監査役の使命の重さを痛感します。共に取り組んでいく覚悟です。
午後から公認会計士研修会に出席しました。本部から森会計士協会長の講演で日本の公認会計士
及び公認会計士制度の現状と課題の話でした。公認会計士は本来財務諸表監査を始め監査業務の担
い手として出発しています。しかし、公認会計士が有する会計実務や企業のグローバル化や事業の
多角化に伴い高度化、複雑化する会計実務への対応等が求められるようになってきています。この
中で改めて何をすべきか何ができるか真剣に考えねばならないテーマです。
夜は如水監査法人の社員会に出席しました。毎月の定例会です。若い人も社員として入り賑やかに
なってきました。監査だけではなかなか経営難しいので独立した自分の足場を持ち共同してやって
いくことも必要となってきています。臨機応変の対応も必要です。