おはようございます!
まもなく夜明けですがまだ真っ暗です。さわやかな秋空になりそうです。今朝も元気です。
昨日は土曜日で週末恒例のショッピングとお墓参りに出かけました。お墓を小郡から大牟田へ移し
18年になり、毎週お参りしています。山中のお寺の墓地にあり四季折々の自然の変化楽しめま
す。草こまめに取らないとすぐ新しい草生えてきます。両親に近況報告しています。
墓参りの後母校の三池高校の文化祭で記念講演会があり聴講ました。講師は株式会社ことほぎ代表
白駒妃登美氏で「福岡県の偉人たち」のタイトルの講演でした。白駒氏は埼玉県生まれの福岡在住
で慶応義塾大学卒業後大手航空会社の国際線乗務員として勤務後コンサルタント、執筆、講演活動
をされています。歴史特に日本史に造詣が深く歴史を通じていかに生きるべきかを熱っぽく説かれ
ています。逆境からが一番学べるとの話し共感出来ます。その時代に生きてた人達のメッセージを
受け取ることが本当に歴史を学ぶということ。どんな歴史上の出来事もプラス面だけの出来事って
ないし逆にマイナス面だけでもない。毎日を丁寧に生きて、生かされている今という一瞬一瞬を大
切にして生きていく。東洋の思想や日本人の生き方の中にこそ、逆境をいかに生きて行くかの何か
答えやヒントがあるという話心に残りました。子供達今人生の大きな分岐点に立っています。講演
内容をよく把握しこれからの人生の一つのきっかけになってくれればと祈ります。
夜は終活会メンバーの人達のお世話で落語とフルートと詩の朗読会がありました。落語は今度大牟
田市の図書館長になった人で大学時代落語研究会に所属されていてその後も研鑽を積み、味のある
落語を披露されていました。また詩とフルートも秋の夜空の虫の声の中で幻想的でした。街の活性
化に身近な所から立ち上げていこうとの一つです。身近に素晴らしい物たくさんあります。一つ
一つを紡ぎ大きな力となるよう努めたいものです。身の回り、足元に素晴らしい物あります。