おはようございます!
夜明け遅くなりまもなく六時ですがまだ真っ暗です。よく眠れ今朝も元気です。
昨日は朝から福岡の監査役をしている会社の役員会に出席しました。毎月の定例会です。役員会の
前に監査役会があります。常勤監査役から報告あり必要な事審議します。よく整理されています。
役員会では特別な決議事項なく各部担当役員、部長より報告ありました。様々な角度から会社の
内容聞く事出来ます。外からでは分からない金融システムの勉強にもなります。金融の動きが様々
な形で浮き彫りになります。一般企業と金融機関の両面見ることで全体の動き見えてきます。
目に見えませんが金融機関同士の預金・貸出競争熾烈に行われています。金融庁も金融機関に経営
改善のためのコンサル機能の強化を求めています。最近では貸出先の企業が生き残れるかの見極め
も求めてきています。貸出先の業界も時代環境変化とともに変化しています。金融の動きから経済
の動き流れ見えてきます。貸出先の経営改善をすることで安心して融資出来ればと思います。
午後から二日市のお寺に行き指導を受けました。浄土真宗のお寺で毎月指導して頂いています。
人間の奥底というか自分の心の中を照らされます。目を背けたくなるような自分の心を照らしださ
れます。自分を見つめ生きていくこと大変なことです。自分を見つめ直す大切な時間です。
お寺の和讃講終え又福岡に戻りコンサル会社で来客応対した後若い会計士の人達と会食しました。
一人は監査法人に又別の人は独立して事務所開いて活躍しています。昔中央青山監査法人にいた人
達です。皆四十歳位のバリバリの現役です。公認会計士の可能性の話で盛り上がりました。監査は
会計士の基本業務ですが折角身につけた知識、技能、考え方を活かしコンサルの仕事や企業の経営
改善に貢献できれば新たな世界大きく広がっていくのではと思います。皆よく考えていて活発な意
見交換出来ました。これからの若い人に志を持って仕事に打ち込んでもらいたいものです。