おはようございます!
日曜日ですがいつもと同じように起きています。少し肌寒いですが気が引き締まります。
一日一日が淡々と過ぎていきます。その時その時を精一杯大切にしていくよう心がけています。
昨日は朝から浄土真宗のご同行の人達に来て頂き御取越の準備をしました。報恩講は浄土真宗の
宗祖親鸞(1173年~1262年)の祥月命日の前後に宗祖親鸞に対する報恩謝徳のために営
まれる法要で年中行事の中でももっとも重要な法要で御取越と呼ばれます。二日市の正行寺の門
徒で筑後同行の人と持ち回りで御取越を受け持ち今年は我が家が当番です。お取り越しの前日に
当番の家に集まりお取り越しの準備をします。手分けして掃除、お花活け、道具磨き、式台の準
備とやること沢山あります。一家だけでは出来ませんが皆が集まり力合わせてやることに意味あり
ます。皆さんベテランばかりで仕事はかどり夕方までに準備整いました。ただ筑後地区の御同行も
少子高齢化の波がモロに影響してきています。信心相続出来ていない家増えていることと殆どが
70歳を超え今後どうするか大きな問題となっています。昨日皆でこの件の対応を検討しました。
少子高齢化の影響思いがけない様々な所に大きな課題与えています。皆さんのご協力でなんとか
今日のお取越しを迎えること出来ます。有り難いことです。
夜は隣のみやま市の市民囲碁大会の前夜祭に出席しました。日曜日が本番ですが土曜日はプロ棋士
の指導碁や関係者の懇親会開かれました。大牟田の囲碁の催しにみやま市、柳川市の人達の協力で
会を盛り上げて頂いています。どこも少子高齢化で囲碁人口の減少に頭痛めているだけに相互乗り
入れによる会の維持発展大切です。各市の市長も積極的で市民運動になってきています。大牟田の
囲碁の会長としても積極的に各市連携に力入れていきたいと考えています。柳川出身の大渕9段は
日本棋院の常務理事で囲碁振興に尽力されていて時々指導を受けています。昨日は女流棋士の知念
4段も参加し会を盛り上げてくれました。各市の市長も参加されていましたので皆に働きかけ連携
強化に務めることで合意しました。市民運動として囲碁普及に尽力したいものです。