おはようございます!
日曜日の静かな朝を迎えています。静寂な朝のひと時身も心も引き締まります。今朝も元気です。
昨日は土曜日でお寺の関係の3夫婦で田川市の近くにある英彦山へ出かけました。英彦山は往古
より、天照大神の御子天忍穂耳尊を奉祀され「日の子山」と仰がれ、嵯峨天皇の時「英彦山」と
呼ばれ、親しまれている霊山です。標高1200メートルあり、厳かな雰囲気のある山です。80
0メートル位の所に神社もあり、今はロープウエイ出来ていて簡単に行けるようになっています。
昔から修験者の修養の場としても知られ格式のある山です。鬱蒼とした杉の大木もあり近寄りがた
いものあります。眺望の良い所で英彦山連山の山々が一望に見渡せます。紅葉もきれいです。
俗世間を離れ心洗われます。日常生活の中で大切なものを見失っていることを感じます。
英彦山へ来たのは20年前この地方の人と大牟田の人との仲人をつとめて以來2度目です。
田川市周辺かっては大牟田と同じく石炭で栄えた所ですが、今は人口も減少し人影も余り見えず
ひっそりとしていました。この地方柿で有名な所で柿の木があり田園風景に彩り添えていました。
時間なく寄れませんでしたが、途中に小石原焼の窯元があります。窯開きの時は多くの人で賑わう
そうですが昨日はひっそりとしていました。秋ののどかな田園風景に何より心癒されました。
一緒に行った人小学校からの2級後輩で弟と同級生です。長い付き合いです。浄土真宗の同じお寺
の門徒で何かとお世話になっています。車中話も弾み行き帰り運転してもらい助かりました。
思いがけず秋のドライブを心ゆくまで楽しみ無事帰宅し、命の洗濯でした。