おはようございます!
4泊5日の旅を終え自宅で朝を迎えています。朝から冷え込み暖房をつけています。今朝も元気
です。一晩寝ると元気回復出来何より有り難いことです。季節の変わり目風邪に要注意です。
昨日は有志によるバス旅行で午前中のみ参加しました。幹事の人達いろいろ配慮してくれます。
京都郊外の奈良に近い岩船寺と浄瑠璃寺を訪れました。岩船寺は729年に聖武天皇が夢想によっ
て行基に建立させた阿弥陀堂です。阿弥陀如来坐像は岩船寺の本尊で、けやきの一本造りで重量感
に満ちた3メートル近い坐像で、両手は定印を結び結跏趺坐し、肉身には漆箔を施し、衣には朱の
彩色が残っています。平安時代中期の天慶年間といえば「承平・天慶の乱」が起こり、治安の乱れ
が人々を不安に陥れた時代でした。そして末法思想が広まりを見せ、阿弥陀信仰が盛んとなり、
岩船寺と同じくこの地に創建された浄瑠璃寺にも9体阿弥陀堂が建立されたことから、この地域は
極楽浄土を出現するにふさわしい霊地と考えられていたようです。仏像をゆっくり見ていますと
すべてを包み込んで下さるような優しい、温かいものを感じます。人間の原点かもしれません。
近くの浄瑠璃寺も境内をゆっくり散策しました。四季折々の花が咲き、今は紅葉の美しい候で心ゆ
くまで自然の景色を堪能しました。今回の旅行で奈良、京都の古寺をゆっくり見ること出来心の安
らぎを得ました。これからもっと機会を作り古寺巡りしたいと思います。俳句や歴史に詳しい京都
の友達の解説適格で古寺巡りに色を添えてくれました。旅行の最後を飾る良い思い出出来ました。
同級会もこれからあと何回出来るか分かりませんがお互い健康に留意しできるだけ長く続けること
出来るようにしたいものです。友達の一人がつぶやいた「生きていることは偶然で、死ぬことは
必然」という言葉心に残りました。次の再会を約して帰途につきました。