おはようございます!
東京のホテルで朝を迎えています。6時を過ぎていますがまだ真っ暗です。九州とは40分程の
時差があります。12月に入り寒さ厳しくなり今日は東京雪になるかも知れません。
風邪も一進一退でもう一息の所です。一度風邪を引くと治りが遅くなっていて要注意です。
朝から福岡へ出かけ顧問先の人と弁護士を訪問しました。不動産からみの事件に引っかかり困って
居られましたので同行しました。ことの顛末をじっくり聞かれ適確な対応され、学ぶ所多々あり
ます。冷静に時系列的に流れを整理し対応策を講じられます。目の当たりに対応を見ることで会計
士とは違う形で処理される世界参考になります。様々な経験の大切さを痛感します。
世の中厳しくなって来たせいか様々な詐欺事件いろいろな形で起きています。会計士としてもどう
いう手口で行われているか実態を理解しておくこと肝要です。流れをしっかり捉え何が本質の課題
かをとらえることが何より大切です。ここを取り違えると問題は紛糾するばかりです。おかげで解
決の道しるべ見えて来ました。コンサルタントしても様々な経験すること大切です。日々様々な経
験をしています。一つ一つを大切に受止めて行きたいものです。
午後からの便で上京しました。夕方ホテルにチェックインしましたが風邪気味であり,人と会うの
をキャンセルして部屋でゆっくり過ごしました。N H K の来年からの大河ドラマ「花燃ゆ」の本を
部屋で読みました。幕末維新の志士達の若き時代吉田松陰のもとでの生活が生き生きと描かれてい
ます。自分をそこに投入して読んで行きますといろいろ考えさせられます。欧米列強諸国により
アジア、アフリカ、中近東多くの諸国が植民地化されていた時代です。日本をいかに守るか皆命懸
けで対応を迫られた時代です。昔話で終わることなく今の日本に置き換えて考えてみると国際化進
む中日本のあり方が問われている現在と共通の課題多々あります。本を読む時背景を考え自分だっ
たらどうすると考えて行くことで本との距離が近くなります。現代の日本の抱えている問題見える
ようになればなるほどどうしたら良いか途方に暮れがちになります。これをどう受止めるか今の
大きな課題です。やらねばならぬこと次から次に出て来ます。