おはようございます!
日曜日で少し寝過ごしました。今朝も冷え込んでいますが元気に朝を迎えています。
今年もいよいよ残り少なくなってきました。日々が愛おしく感じます。大切にしたいものです。
昨日のNHK の朝ドラの「マッサン」で主人公が長年時間かけて作り続けたウイスキーが完成し、
自信を持って売り出したウイスキーが当時の日本人の舌に合わずさっぱり売れず、味の改良に取り
組むかこのままやり続けるかの土壇場の場面でした。何のため、誰のために作るかの事業の原点
を問われる場面でした。お客のニーズに合うよう味を変えていくか信念に従ってこのまま突き進む
か考えさせられるテーマです。作る側から見れば間違いない製品だと自信を持ってもお客がそうで
ないと言われる場合の問題です。ウイスキーに限らずどの仕事も共通の課題です。経営者から見れ
ばどんな良い製品であってもお客の需要に合わず、売れなければ事業成り立ちません。まずはお客
の需要を冷静に受け止め、それに合うよう努力を続けつつ、一方で自分の信じた道を根本から見直
しつつその整合を図る努力も必要に思います。一度に一挙に解決できる問題ではありません。
時間軸を入れ、じっくり取り組んでいくことが肝要と思います。
今コンサルの仕事に取り組んでいます。改めて何のため、誰のためのコンサルをしようとしている
のか自分に問いかけています。良かれと思って提案しても受け入れられないこと多々あります。
ショックを受けます。提案内容、タイミング、表現の仕方いろいろな角度から見直し、次につなが
る道を模索しています。まだ足りない所だらけです。相手を責めるのでなく自分の未熟さを反省し
出直し再チャレンジしていく覚悟です。思うように行かない時が一番つらい時ですがここを深堀り
して次への道を見つけなさいとの天の声と思うよう心がけています。
「マッサン」を見て改めて自分をみつめ直すいい機会となりました。年末年始自分としっかり向き
合い対話したいと思います。