おはようございます!
いよいよ大晦日です。平成26年の締めくくりの時です。毎日がだらりと過ぎがちですので節目
で立ち止まってこれまで、今、これからを考えていくことも大切に思います。来年は73歳にな
ります。いろいろなことあり長かった思いとあっという間であったとの思いが交差します。日々
淡々としているようでいろいろなこと起こります。一喜一憂しながら受け止め生きています。
毎年身近な親しいお世話になった人が亡くなっていかれます。それと同時に新しい世代が次から
次に誕生しています。行く河の流れの如く入れ替わって流れています。自分も大きな流れの中の
一滴だとの思い実感します。鴨長明の「方丈記」の行く河の流れの一節が心にしみます。
1級先輩のブログに若い時は今まで出来なかったことが出来るようになった喜びがあったけど、
年を取ってくると昔はあれも出来ていたのに出来なくなったと感じるようになったとありました。
これが老いなのかと思います。しかし反面だからこそまだ出来る事へチャレンジしたい気持ちも
強くなります。不器用でなかなかうまく行きませんがチャレンジしたい気持ちふつふつと湧いて
きます。時間もかかります。昔出来ていたことが出来なくなる悲哀感じること多々あります。
落ち込みがちになりますが又ふつふつと反骨精神が湧いてきます。出来ないと思ったことが出来
た時の喜びこれにまさるものありません。何をやってもドジで不器用ですがこの気持だけは一生
持ち続けたいものです。一度にやれるものではありません。日々の少しずつの努力の積み上げで
新たな道開けていくことを楽しみにしています。古希を過ぎ毎年若返っていきたいものです。