おはようございます!
今朝も静かな朝を迎えています。早朝の時間気持ちも引き締まり大切にしています。おかげで毎日
元気に朝を迎えること出来感謝しています。元気に起きれるか健康のバロメータです。毎日お酒飲
んでいますが二日酔いで起きれないこと長いことありません。ただ油断大敵です。
昨日は朝から福岡へ行き監査役をしている会社の役員会に出席しました。月次決算の報告でした。
歴史のある会社ですが厳しい状況続いています。売上減少すると費用の削減追いつかない分業績悪
化になります。何故こうなるかの原因分析が不十分のようです。どこから来ているかの原因の捉え
方で次の手が決まります。此処が不十分だと掛け声だけで経営改善につながりません。
右肩下がりの経済となりこれまでの延長線では業績悪化している会社増えています。右肩下がりの
売上減少時代の経営根本的に見直すことが肝要です。右肩上がりの時代は売上自然に増加し、その
範囲で経費押さえていけば業績は良くなります。右肩下がりの時代はその中で売上をいかに増やす
かの知恵と変動費、固定費の削減の具体的な方法を見出し実行していくことが求められます。
此処が出来るかどうかで企業の業績明暗を分けています。業種、規模を問わず共通の課題になって
います。今右肩下がりの時代の経営改善大きな関心あります。
自分の頭と経験と知恵だけでは大したことありませんので、古典をひもとき経営の本質、将のある
べき姿、戦略の真髄、戦略思考を学び経営改善のあり方を求めてみたいと考えています。孫子を始
め古典に学ぶことで多くのヒントを得ること出来ます。簡潔な文章の中に本質、真髄をついた言葉
考え方に出会います。身近な所から経営改善のテーマに取り組み、掘り下げこれからの経営改善の
課題に取り組んでみたいと心新たにしています。長年自分でも経営に携わってきましたが反省する
ことばかりです。これからのライフワークと考えています。一つ一つの直面している課題から掘り
下げていきたいものです。ふつふつと意欲湧いて来ています。