おはようございます!
日曜日ですが何時もと同じように起きています。静かな朝のひと時です。元気で何よりです。
毎日同じようにしていて日々違います。自然の変化もあり気持ちの変化もあります。この変化の
繰り返しで時間過ぎていきます。永遠の時の流れで今ここにいることの不思議さを感じます。
一度にやれないことでも日々少しずつ積み上げていくと膨大な時間となります。時間の使い方と
考え方で人生大きく変わるようです。何かをやり始め継続する事で色々見えてくるものあります。
人生深いものあるなと思います。せっかくの人生深く味わって日々を送りたいものです。
趣味に囲碁があります。長年やっていますがやればやるほど深いもの感じます。囲碁を通じて多
くのこと学んでいます。囲碁は相互に一手一手を打っていきます。自分でそれが最善と思って打っ
ていきます。いつの間にか勝敗つきます。最善と思う一手の捉え方に大きな差があります。目先だ
けや自分の勝手読みでは通用しません。全体をどう捉えるかの視野の広さ、優先順位の捉え方で
差がついてきます。あれも打ちたい、ここにも打ちたいと思っても一手づつしか打てません。次
の一手を何処に打つか大局観、定石、手筋、読みの力で差がついてきます。又自分の視点からのみ
考えていきがちですが絶えず相手の視点から全体の状況を考えておくことも肝要です。
又囲碁は陣取りゲームですから相手の石をとることばかり集中しがちですが上達すればするほど
石をいかに捨て振り替わり局面打開していく考え、やり方あります。石を取るのでなく捨てるとい
う発想面白く、深いものあります。柔軟に流れをよく見て新たな状況に対応していく考え方です。
読みの力つけていくことが大切です。最初考えても頭混乱しますが心辛抱強く読む訓練をしていく
と少しずつ考える力ついてきます。この訓練が大切です。
囲碁の考え方取り組みは仕事にも共通しています。今何をすべきかの次の一手囲碁から学ぶこと
多々あります。囲碁では負けると投了ですみますが仕事では倒産ともなリ大変なことになります。
選択肢多く、次の一手を決めていくことは大変なことです。何が急所かを捉える勉強不可欠です。