おはようございます!
まもなく夜明けです。東の空が赤くなってきています。一日の始まりの朝のひと時大切にしてい
ます。日々いろいろなことあっても一晩寝ると新たな世界広がります。今朝も元気です。
昨日は朝から新幹線で新山口へ出かけ光富先生の49日の法要に参列しました。光富先生は山口
市出身で私が大学時代下宿してお世話になった方の娘婿で一生を医療に捧げられた方で今年三月
96歳で大往生された方で私の心の師です。お酒をたしなまれ、亡くなられた時も美味しく晩酌
をされその夜眠るようにして一生を終えられ大往生でした。3人の子供さんも夫々医者として、
会社役員として、娘さんは大学教授として活躍されています。
山口市の郊外の海辺に近い小高い山にある真照院という真言宗のお寺で法要営まれました。
600年を超える歴史のあるお寺で独特の雰囲気あります。真言宗のお経は浄土真宗のお経と違い
神秘的です。お経の意味分かりませんが独特の世界に引き込まれます。
穏やかな春風ふき、天気も良く、ひばりやうぐいすの声も聞こえ心和みます。お寺に少し早く着
き、お寺の境内に座り、山からの田園風景をひなたぼっこをしながら眺めて先生のことやいろ
いろもの思いにふけりました。大自然の懐に抱かれ心いやされます。
法要の後家族や親戚の人達との会食で先生の思い出話に花咲きました。結婚式や法事は不断なか
なか会えない人たちが会え、消息を確認でき、有り難い事です。人は生まれ、死んでいきますが
ゆかりの人が生まれてくることの不思議さを感じながら帰途につきました。
心より先生のご冥福を祈るばかりです。