おはようございます!
間もなく夜明けです。日の出少しずつ早くなっています。毎朝庭を眺め皆柄ブログを書いています
ので変化分かります。暴風雨一過今日はさわやかな天気になりそうです。今朝も元気です。
昨日は朝から主治医の病院へ出かけ先日のM R I と血液検査の結果を聞いてきました。おかげで
今の所異常なしとのことでホッとしました。ただ飲み過ぎに気をつけるようにとのこと。73歳
になりましたが不思議なくらい元気で体調も良く有り難い事です。何より次の日疲れが残らない
のが有り難いです。やらねばならないこと次から次にあり一日があっという間に過ぎていきます。
三池高校同窓会の監査を受けました。30年以上監査役をしていましたが役割り交代です。同窓
会の会費総会の時だけになっていて会費収入が減少しているとの指摘を受けました。同窓会の財
政改革は大きなテーマで2年後の100周年の募金と絡ませ根本的に取り組まねばなりません。
同窓会も100年の歴史と3万人を超える同窓生います。これを活用し各学年、各支部との連携
を強化し同窓会の絆を深め、意味ある同窓会にしたいと考えています。一人で出来るものではあ
りません。多くの人の力を結集して取り組んでいかねばなりません。
経営改善の取り組みこれからのライフワークと考えています。やるべきことを資料としてまとめ
ています。これをどう活用するか模索中です。地元の金融機関を訪ね共に経営改善の取り組みの
可能性を検討しました。経営改善は言葉で説明することは難しくありませんが、具体的にどう行
動に移していくかまだいくつも壁があります。何よりも経営者の強い経営改善の取り組みの決意
が必要です。役員、管理職はそのいを受け自分の所で同具体化して皆にやってもらうかが問われ
ます。ここが不十分だと経営改善につながりません。先ず社長と役員、管理職のしっかりした意
思統一が必要です。経営者、役員、管理職の意識改革が何より大切です。何を目ざすか、何をや
るべきかを具体的にして実行に移していかねば経営改善できません。これまでの様々な経験を活
かし研鑽を積み、共に経営改善に取り組んでいかねばと心新たにしています。
昨日読んだ安岡先生の本の中で「修練の根本」の言葉が心に残りました。人物学に伴う実践は
おめず、臆せず、勇敢に己を空しうして、あらゆる人生の経験を嘗め尽くすことです。人生の
辛苦艱難、喜怒哀楽、利害得失、栄枯盛衰、そういう人生の事実、生活を勇敢に体験すること
です。その体験の中にその信念を生かして行って、初めて我々に知行合一的に自己人物を練る
ことが出来るのです。とありました。心したい言葉です。