おはようございます!
今朝は昨夜遅くなり少し寝坊しました。朝から少し寒いくらいです。今朝も元気です。
昨日は一日大牟田で過ごしました。事務所にいると色々な方訪ねて来られます。
午前中地元銀行の人来られ今後のことで色々意見交換しました。銀行の支店長ですが今取り組ん
でいる「経営改善取り組み」の管理職にあたる人です。会社方針を現場で具体化していかねばな
らない立場の人です。銀行としても内部だけでなく、顧客の経営状況を見て適切な指導をしてい
くことも大切な仕事です。
夜は地元3箇所の支店長、管理職の人達に「経営改善の取り組み」の講演をしました。経営改善
は銀行だけでなく顧客にとっても大切な課題です。先ず会社を取り巻く関係者株主、社員、顧客、
銀行、納入業者等々それぞれの立場から会社に何を求めているかを考えてもらいました。皆が自
分たちの立場ばかり主張していけば会社は潰れてしまいます。では夫々の利害関係者は敵なのか。
ここをどう捉えるかが経営の原点です。会社は社会の需要に応えていくことで成り立っています。
一人で出来るものではありません。夫々の利害関係者はなくてはならないパートナーです。
夫々が本来の役割を果たすことで会社は成り立っています。ここが一番大切です。
企業は社会の需要に応えて初めて存立できます。しかし需要は絶対不変でなく時の流れ環境変化
と共に刻々と変化します。企業は絶えず需要の変化に対応できるよう脱皮していかねばなりませ
ん。過去の延長線だけでは企業生き残れなくなってきています。これからの時代どうなろうとして
いるかを考えるにはこれまでの歴史を振り返ることが大切です。今戦後70年の歴史年表を作って
います。その上に業界の歴史と共に企業の歴史年表を作成しています。これからの時代どうなろう
としているか、今のやり方で生き残れるか、そうでなければ何処に活路を見出したらいいかを考え
行動していかなければなりません。業種規模を問わず共通の課題です。
勉強会後皆で居酒屋で懇談会しました。若い人と活発な意見交換出来何よりでした。