おはようございます!
朝から外に出てみると空には星が一杯見えます。こんなことめったにありません。静かな朝を迎え
ています。毎日良い天気続いています。一日、一週間の始まりの朝をいかに迎えるか大切です。
一日一日淡々と過ぎ今年も残り少なくなってきました。歳のせいか一年短く感じます。
昨日は日曜日でしたが浄土真宗の御同行の二日市のお宅でお取り越しの行事行われ参列しました。
筑後地区の御同行の家で持ち回りで昨年が私の家でした。人口減少、少子高齢化の影響ここにも
出ていて若い人の信心相続なく戸数が年々減少し、今後の維持運営難しくなってきています。
御取越の行事浄土真宗独特の長年続いているやり方です。今日あるのは親鸞上人、浄土真宗の教
えと感謝し信心を深める行事です。浄土真宗独特のやり方です。
二日市の正行寺の御坊様の法話ありました。幕末前後薩摩、長州の若い人達イギリスに留学した
際、英国を代表する化学者ウイリアムソン氏が自宅に下宿させ、若い人達の教育にあたり、英国
と日本の架け橋の役割を果たされています。薩摩と長州は幕末英国と戦争し敗北を喫し、国を建
てなおすには英国に学ばねばと留学をお願いし又英国もそれを受け入れていること常識では考え
られません。国境、宗教、価値観、社会環境の違いあっても、異質の中から大きな調和を見出し
ていく世界に感銘を受けました。正行寺にはロンドンにもお寺あり、ウイリアムソン氏の史実の
出版にも携わり、日本と英国の架け橋ともなっています。今の時代価値観の違いで戦争やいさか
い絶えません。異質なものを理解し、受け入れる発想がどの世界でも求められています。この
テーマ深く掘り下げて考えてみなければと思います。
御取越でお坊さんだけでなく、御同行の方のお話も深いものあります。布施は仏教語で人に施す
ことをいいます。布施の本質を深く掘り下げ分析して33に分類整理されています。人間の下心
というか深層心理をよく見つめてあります。怖いほどです。人間の裏表が見えてきます。法事も
形式的になってきていますが、掘り下げていくと深いものあります。自分を見つめ、生老病死を
考える大切なことです。日々の生活で忙しさにかまけ、自分を見失いがちなだけにこれからの残
された人生しっかり自分を見つめ直していかねばと心新たにしました。