おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。8月も終わりなのに残暑厳しく35度以上の日続いています。朝夕はだいぶん秋らしくなって来ました。微妙な自然の変化楽しみ、日々の違いしっかり味わいたいものです。

昨日午前中事務所で公認会計士協会の研修をインターネットで受けました。本当に講義を受けているかどうかをチェックするために途中5回暗号の数字か文字出て来て見落とさないようにしなければならない仕組みになっています。昨日はIT関連の講義でした。ITこの30年間で会計や会計士等の仕事にも大きな影響を与えています。そろばんや電卓でやっていた時代と大きく変わり、ITの機能や特質をよく理解しておかなければなりません。昔は請求書や領収等に基づき、手書きで記入し、計算していたのが必要資料を機械で読み取り処理される時代になっています。会計処理の妥当性検証する方法、視点も大きく変わって来ています。世の中の流れを大きく捉え、別の視点からの数字を描く力が求められています。IT処理の資料を盲目的に信頼していては監査になりません。便利なようで難しい時代になって来ました。

午後から福祉関係の会社の社長と知人の紹介で隣町で社会福祉の仕事をされている福祉法人を訪ねました。先祖からの2千坪の敷地を活用し、昭和の終わり頃福祉の仕事を始め、別の会社での営業経験を生かし福祉の事業を展開し、活躍されています。様々な制度をうまく噛み合わせ成長しています。経営は全体の組み合わせとバランスで決まります。経営うまくいっている所はなるような仕組み作りをしっかり構築されています。参考になります。

夜は青少年武道会の役員会でした。この会も創立49年になり10年近く会長を務めています。柔道、剣道、空手、弓道、少林寺拳法の5部門で、11月11日が青少年武道大会です。この会も少子化の影響を大きく受け、武道やる人の人数減少しています。この影響あらゆる所に出て来ていて憂慮しています。