おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。1日の始まりの朝の時間大切にしています。何事も一朝一夕には行きません。日々の積み上げが基本です。

昨日は1日大牟田で過ごしました。午前中公認会計士研修をインターネットで受けました。勘定奉行という会計ソフトの創設者の(株)オービックビジネスコンサルタント代表和田成史氏の「ITによる大変革時代 クラウドがもたらす業務システム革命」の講演でした。公認会計士の資格を持ち、ITに若い時から関心を持ち、この技術を会計処理に使えないかと研究を重ね、企業の会計ソフトを作成することに成功し一部上場企業に育成ています。まず時代の環境変化を徹底的に研究し、分からない所はその専門の所へ行き、教えを乞い、業務開拓をして、事業化に人生をかけて来られています。40年前パソコンが出て来ましたが、最初の頃実務になかなか活用出来なく、まさにヨチヨチの状況でした。その頃東芝の監査をしていた時がまさにその時代でした。しかしその後の動きを見てみますと恐ろしいほどの革命と言っていいほどのIT普及し、仕事の仕方や内容根本的に変化して来ました。
ITやAIの普及発達で仕事内容劇的に変化して、時間と距離の壁なくなり仕事内容根本的に変わっていきます。過去の延長線から脱皮出来ない所は容赦なく消されていきます。まさに情報革命の時代です。

この流れを体系的に分かり易く話してもらい目からウロコでした。時代の流れと共に経済の基本需要は変わらなくても供給の仕方が変化するとそれに伴い新たな需要が生まれて世の中変化していきます。需要もいくつもの要素が組み合わさって新たな需要が生まれています。その中から作る側と使う側のすり合わせによる新たな動きになって来ています。供給過剰の時代だけに需要が複雑になり自社だけでなく異業種との業務提携による対応が求められて来ています。この変化を抑えた経営改善の取り組みをライフワークと考えています。