おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。今日は1月14日ですが成人式です。1月15日で慣れ親しんでいたので違和感を感じます。何のための祝祭日かをよく考え受け止めたいものです。

昨日は日曜日でしたが事務所に行きマイペースで音楽を聴きながらいろいろ仕事します。誰もいない事務所で過ごす時間大切にしています。京都から法事で帰っていた同級生訪ねて来てくれ家で歓談しました。60年以上の付き合いです。京都大学卒業後大学で地震の研究をしていました。俳句に勤しみその道でも有名な男です。普段会話しながらも当意即妙に一句を作ります。気配りのきく友でで息子のことをいろいろ心配して配慮してくれます。京都に帰る前に5年前に亡くなられていた兄上の家まで送りました。

夕方から地元のコーヒー店でのピアノコンサートに出かけました。30名位のミニコンサートでした。演奏者の今和泉響平氏は27歳で18歳の時からロシアでピアノの勉強をして来た人です。昨日はベートーベンの「悲愴」、ムソルグスキーの「展覧会の絵」等10曲くらいの演奏でした。なかなか生演奏聴くことありませんが目の前で譜面もなしに難しい曲を見事に演奏していく姿に驚きました。これまで数々の音楽賞を取っておられるようですがこれからが楽しみです。才能もあるのでしょうが日頃の精進の厳しさを感じます。こじんまりした演奏会でしたが演奏者、聴衆者一体となった雰囲気素晴らしく、感激しました。昔と違って今は世界中の音楽を身軽に聴くことの出来る時代です。聴衆者の耳も肥えています。

演奏会後有志10名くらいで演奏者を囲み会食しました。18歳で言葉も分からないロシアの音楽学校に入り、10年間研鑽を積み独特の世界を創り上げています。独立心と克己心の強い人です。今後更に研鑽を積み国際的に大いに活躍をしてもらいたいものです。改めて彼の精進ぶりに感銘を受けました。自分のプロとしての甘さを痛感し大いに反省しました。