おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。三寒四温を繰り返しつつ、春もすぐそばまで来ています。新たな息吹を感じます。

昨日は午前中事務所で確定申告の仕事しました。税法年々変更ありますので要注意です。税務ソフト良く出来ていますが、なぜそうなるかを考えて取り組むこと肝要です。立法趣旨を考えて取り組まねばなりません。15日まで結構忙しくなりそうです。

福岡の旧知の経済誌の記者大牟田に来たということで若い社員と立ち寄られました。これまで何度か私の記事を掲載してくれています。中堅幹部として大きく成長しています。経済記者の視点も参考になります。物事様々な視点から考えること大切です。最近の政治経済情勢の意見交換しました。これからを考える上で参考になります。できるだけ一方的にならないよう、様々な分野の人の意見も聞きながら多面的に考える努力をしています。

午後から福岡の知人宅へ行き、相続の相談を受けました。ご主人亡くなられ、九十歳を超えた方の相続の件で意見を求められました。子供3人おられ、立派にそれぞれ独立して、東京、大阪、北九州で活躍されています。長女の方に来てもらい、3人で相談し、まず相続財産の一覧表を作成し、基本的に3人で平等に分配することを基本原則として使用しない不動産等は一旦共同所有にして、処分した時に分配することで合意を得ました。相続は一歩間違うと争族になりかねません。相続手続き遅れると相続人も複雑になり、様々なトラブルの元になります。そういうケースも沢山見て来ました。円滑な相続にするには事前の了解が大切です。相続案件それぞれ事情違います。ここをしっかり押さえた対応が肝要です。

昨夜読んだ本で、死を恐れるのは人間の本能である。だが、死を恐れるよりも、死の準備のないことを恐れたほうがいい。人はいつも死に直面している。それだけに与えられている生命を最大に生かさなければならない。それを考えるのが死の準備であるという言葉が心に残りました。