おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。日1日と春も深まっていますが温度差大きく体調崩しやすく、咳も出ますので要注意です。自然の変化一定の法則で動いています。不思議な力です。

昨日は朝から二日市のお寺に伺いました。毎月80歳半ばの老先生二人から指導を受けています。実業界に身を置かれ、定年後お寺に住み修業されています。今年に入り正行寺の御院家様の「南無仏の心」を基本に勉強し、それに照らし自分を見つめる勉強会です。自分を見つめ直す良い機会です。考えれば考えるほど深い世界に誘われます。浄土真宗の教え深いものあります。

二日市からの帰り久留米の聖マリア病院へ息子の見舞いに寄りました。久しぶりに会いましたがまだ声出ませんが表情も穏やかになり、リハビリに精を出しています。家内もこの半年1日も欠かさず息子の看病に通っています。病院も精一杯の看護にあたってもらっています。病院に行くと様々な方が入院されています。生老病死の人間の基本問題切実に迫ってきます。いろいろ人間とは何かの基本問題を突きつけられます。

事務所に戻り顧問先の経営者と経営課題の検討をしました。保険関係の仕事されていますが業界を取り巻く環境大きく変化して対応に苦慮されています。国際化、AIの進展で環境大きく変化し、ニーズも多様化し業界の統廃合進んでいます。この影響保険に限らず金融機関あらゆる産業に今大きな波押し寄せて来ています。この変化の背景をよく理解し、どう対応すべきかを真剣に考えて取り組まねばならない時です。いろいろな業種の方と話していますが業界を超えた大きな波が押し寄せて来ています。この変化をどう受け止め、対応するかで会社の命運決まります。このテーマ残された人生のライフワークと考えています。業種、規模を超えた共通課題です。変化大きいだけに歴史的な視点の必要性を痛感します。この中から新しい可能性を見出すことに全力を尽くしたいと心新たにしています。