おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝と日中の温度差大きく体調崩しやすく風邪気味です。こじらせないよう要注意です。

昨日は倫理法人会の朝の例会に出席しました。6時から始まります。熊本の幼児のスポーツ指導をされている方のスピーチでした。幼児の持つ可能性を小さい時から訓練指導することで新しい道を切り開かれています。まだ40歳位の方ですが様々な角度から幼児の持つ可能性に本格的に取り組んでおられます。これを継続しているうちに親、学生等の指導の大切さを痛感し、幅広い活動をされています。子供やそれぞれの持つ可能性を見出し、引き出していくことの大切さを痛感します。私自身話を聞きながら反省することばかりでした。

事務所に戻り日誌、ブログ、天声人語の打ち込みをしました。うっかり寝過ごした結果です。継続していると思いがけないハップニング起こります。臨機応変の対応必要です。

資料整理に取り組んでいます。必要な資料どうしても見つからないものは大元に事情を話し再発行したりで何とかことなきを得ました。今回を反省し、資料ファイルの分類基準を明確にしました。ペンディングのものは別ファイルにして、解決してからファイルに保管するようにしました。未解決のペンディングのものをいかに的確に処理するかが大切です。根気よく取り組んでいかねばなりません。

風邪気味で早めに自宅に戻り休みました。だんだん無理がきかなくなって来ています。一休みして元気も出て五木寛之氏の「元気」を読みました。五木氏87歳で今も精力的に文筆活動されています。どこからこのエネルギー出てくるかと不思議です。幅広いジャンルのテーマーに取り組んで活躍されています。決して体は強くないのにすごいパワーです。曽野綾子氏、石原慎太郎氏と同年で三人の活躍ぶりには目を見張ります。「元気」も幅広い視点から取り上げ、ユニークな見解を展開され共感すること多々あります。「諦念」「観念」「放念」の三つの考え方研究してみたいと思います。