おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。今日は倫理法人会の例会で早めに起きてブログ書いています。今日は平成最後の日です。
変化に富んだ30年間でした。時の流れとともに世界も大きく変わっていきます。変化の内容も大きく変わり、変化のスピード速くなり、これからどうなっていくか読みにくい時代となってきました。世界中の変化が相互作用を起こし変化なかなか読みにくくなってきています。世界中が相互に影響及ぼす時代となりその中で日本どこに活路を求めていくか大切な時代となっています。しっかり勉強し、自分なりに見極めたいと思います。

昨日は久しぶりに娘と熊本の叔母(母の妹で97歳)の見舞いに出かけました。従姉妹二人が叔母の面倒見ています。意識ははっきりしていますが年々弱ってきています。母は55歳で亡くなり叔母は母代わりでもあります。久しぶりに叔母を囲み歓談出来ました。97歳の人生で長く様々な人生経験をしてきています。小さい頃から厳しくもありましたが本当に可愛がってもらい、大切な人です。人間容赦なく死んでいくことを実感させられます。今生かされていることに感謝するとともに今を大切に生きていかねばと心新たにしました。娘とも車の行き帰りいろいろ話すこと出来何よりでした。行きは山道、帰りは海沿いのドライブを楽しみました。雨に打たれた新緑の山景色と海景色もなかなか良いものです。

夕方大牟田に無事戻りテレビで全日本柔道選手権を見ました。高校時代柔道をしていただけに関心あります。柔道も国際化しルールも大きく変わり戸惑うほどです。無差別の試合でウルフ・アロン選手が加藤選手を破り優勝でした。1964年柔道が初めて公式協議に認められた東京オリンピックのことが思い起こされます。まだ大学生でした。来年東京オリンピック開催されるだけに日本選手の活躍を期待しています。柔道の後平成30年間の紅白歌合戦のダイジェスト放送も興味深く、懐かしく見ました。改めて時代の流れを感じます。