おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝から少し冷え込んでいます。暑さ寒さの差大きいので要注意です。日々土、日、祭日関係なく同じリズムで生活しています。これが健康に良いのか毎日元気にしています。一晩寝ると疲れも取れます。朝から事務所に行き三月決算の顧問先の決算書と申告書の仕上げをしました。実務をやることで理論の理解も深まります。会計の仕事根気いります。関連した所の整合性求められます。分からない時は立ち止まって必要文献やインターネットで確認します。

午後から大牟田市活性化センターの役員会に出席しました。十年以上監査役をしています。役員は市役所、商工会議所、大学の人たちから構成されています。企業の指導、相談に乗ったり研修会や人材交流が主な仕事です。これも大切な仕事です。大牟田の歴史とこれからを考えると次の柱造りが大きな課題です。大牟田は明治以来石炭で成長発展し、石炭閉山とともに厳しい現状にあります。今日本だけでなく世界的にプラスチック廃材を含め産業廃棄物の適切な処理が求められています。日本も今この課題への対応国家的な課題となっています。大牟田はこの仕事の最適任地と思います。まずプラスチック廃材の対応に何をすべきかを国家的見地から具体化を図り、新たな道を開けないか真剣に考えています。明治以来国家的プロジェクトとして石炭産業成長してきました。廃材処理の立地条件、具体的なやるべきことを大きな視点から必要なやるべきことを明確にして取り組むことを真剣に考え呼びかけてみたいと考えています。視点を変えると大牟田は大きな可能性を秘めています。具体的な政策を考え、実現するためには何が必要かで取り組んでいくことが大切です。環境問題はこれからの避けて通れない課題で世界、日本のニーズです。国、県・市、政治、企業、商工会議所、大学等を巻き込み皆の力結集して取り組みたいものです。需要に合ったものを供給することが何より大切な仕事です。