おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。今日七月十四日は父の誕生日です。大正元年生まれで108歳。父昭和四十九年三月六十三歳で亡くなり、公認会計士を辞め大牟田に帰って来て四十五年の歳月流れました。人生の大きな転換期でした。様々なことが走馬灯のように思い起こされます。戦中、戦後の大変な時代を乗り越えバトンタッチしてくれました。改めて時代の流れを感じます。戦後から七十四年経ち私の記憶と一致します。それぞれの時代の精一杯の努力で今日あることを痛感します。オーム乳業三代目として反省することばかりです。

昨日は午前中週末恒例のお墓まいりとショッピングに出かけました。雨の中のお墓参りも新緑の木々や葉が綺麗でウグイスが鳴いていました。四季折々の景色楽しんでいます。大牟田にお墓移し二十三年になります。おかげで毎週お墓参りしています。

家内息子看病で久留米に出かけるのを見送った後事務所で読書して過ごしました。インターネットで稲盛和夫氏の「心」と「生き方」をキンドルでパソコンにインストールして読み始めました。あまり使っていませんでしたが慣れればパソコンに取り込みますので本の保管しなくてよく、文字も大きく読みやすいです。これから活用したいと思います。

稲盛和夫氏のこと名前、経歴、肩書き等よく知っていましたがほとんど本を読んでいませんでした。朝日新聞の朝刊で稲盛氏の「心」のこと記されていてもう一度基本から勉強しようと思い立ち早速キンドルで求めました。読みやすく一気に読み上げました。改めて稲盛氏の企業経営に対する真剣な姿勢に感銘を受けました。事業、経営、人生の根元から考え取り組んで行かれる姿勢改めて反省させられました。人生・仕事の結果は考え方✖️熱意✖️能力である。人生や仕事の成果はこれら三つの要素の掛け算によって得られるもので決して足し算でない。能力と熱意に恵まれながらも考え方の方向が間違っていると掛け算すればマイナスにしかなりません。じっくり基本から読み直し、考え直さなければなりません。