おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝から少し肌寒い感じです。秋空の良い天気続いています。1日1週間があっという間に過ぎて行きます。

昨日は土曜日でしたが朝から大牟田高校の体育祭に出かけました。今年は大牟田高校の100周年の記念の年です。様々な記念行事が予定されています。30年前息子大牟田高校に入学した時PTA会長を引き受けました。学校も柔道、駅伝で基礎を作り今ではブラスバンド、弓道等でも全国的になり、また普通科も出来、進学校としても地元の中心になっています。久しぶり学校へ行きましたが、生徒の動きも洗練され、元気もあり、規律正しく嬉しく思いました。動きに自信が出て来ています。柔道の活躍も目ざましく、地元の生徒は少子化で少なくなっていますが全国から良い選手集まって来ています。今後の成長充実が楽しみです。

午後から日本の未来を考える会主催の「これからの農業を語る!」の講演会に福岡へ出かけました。福岡の勉強会の仲間の人たちが裏で支えています。農業も大きな曲がり角にあります。お米、野菜、果物の生産の原点に戻り生産は誰のため、何のためにあるかの問いかけ、原点から問いかけ、取り組んでいる人たちの生々しい声を聞きました。これからを考えいろいろ取り組みますが失敗、挫折の連続の中から更に深く問いかけ、新たな道を切り開いていく人の話心打たれ、目を開かせられました。固定観念にとらわれず原点から考え、何をすべきかを考える姿勢農業だけでなく全ての産業に問いかけられています。課題も次から次に出て来て押しつぶされそうになりながらもその中から自分の道を見出し取り組んでいく姿勢目を見張るものあります。時の流れと共に需要は変化します。顧客、消費者は何を求めているのかを絶えず考え、自らが変わっていく努力が何より求められているようです。これは何も農業だけに限らずあらゆる仕事に求められています。足元から見直して行きたいと思います。