おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。元気に朝を迎えること出来何より有り難いことです。昨日は九州は秋空の爽やかな天気でしたが関東、関西、東北では台風の通過で大きな災害発生しています。自然の怖さを感じます。自然の破壊力の大きさ驚きで、大きな被害出ています。復興には時間かかりそうです。

昨日は週末恒例のお墓参りとショッピングに出かけました。毎週出かけていると世の中の変化が集約されています。ショッピングの形態も大きく変わり、取り扱い品にも変化が見られます。流通形態も供給過剰の時代を反映し刻々と変化して来ています。供給過剰の時代となり食料品以外に販売落ち込み、表面は変わりませんが食料品を中心にした店に変化して来ています。どの業界も境界線がなくなって来ています。供給過剰の時代の特色は価格競争激化し、製商品のライフサイクル短くなり、企業も事業存続に頭を痛めています。供給過剰の時代となり豊かさ故に物が売れなくなり事業継続年々厳しさを増して来ています。ITやAIの普及で世界の時間と距離の壁なくなり、状況大きく変わって来ています。様々な要素絡み合い、難しい状況生まれて来ています。どの業界もこの波を受け新たな対応を求められています。的確に対応出来るかどうかで企業の命運決まります。

午後から鳥栖に出かけ、顧問先の社長と経営課題の検討をしました。佐賀でホテルや食事の店を経営しています。多忙な人で全国、世界を飛び回り、仕事に打ち込んでいます。毎月会い、2時間ほど様々な経営課題の検討をしています。勉強家で、様々な経営勉強会にも参加し、いつもこれからを考えています。彼の話を聞きながら原理原則に照らし気づいたことを率直にアドバイスするようにしています。これからが楽しみです。

帰り久留米の病院に寄り息子を見舞いました。丁度入院以来1年になります。声は出ませんが目と顔の表情で自分の思いを伝えます。家内毎日病院に看病に行き、昨日は共に帰りました。