おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝から冷え込むようになり秋も深まっています。今回の台風で75名の方亡くなられ、住宅・道路等の決壊の被害大きく、自然の力の怖さを感じます。

昨日は朝から親友の姉病院から介護施設に転院され、知人の院長に挨拶に行きました。83歳になられご主人亡くし、子供もおられないので京都の親友が面倒みています。最近病院と介護施設一体となった所増えています。人間年取り、老後迎えること頭ではよく分かっていますが現実になると何かと大変です。自分に置き換えて考えてみると改めてその大変さを感じます。覚悟してその準備し、生老病死真剣に向き合わなければなりません。

相続税のソフトの更新怠っていたのでパソコン動かなくなり、メーカーに相談した所ソフトダウンロード出来動き出しました。改めてシステムの精緻さに驚きです。背景には綿密に最先端の技術が導入され、よく研究されています。様々な状況に対応出来るようシステム組まれています。そろばん、手書きでやっていた時とは様変わりです。複雑な処理をしなければならず工夫されていますがこれを使いこなすにはトライ・アンドエラーを繰り返しつつマスターしなければなりません。途中思うようにいかず何度も投げ出したくなりますがこれを乗り越えた時の喜び大きなものあります。改めて相続の研究していますが死が家庭にもたらす影響大きなものあります。様々なケースあり、人間ドラマ繰り広げられています。千差万別のケースあります。ここをしっかり理解していくことが肝要です。仕事やりながらどうすべきかを考えつつ、自分に置き換えても大きな課題です。

日々の仕事やりながら様々な人間ドラマに出会います。人生の不可思議さを感じます。最近改めて生老病死の問題の深さと広さを感じます。いかに生きるかはいかに死ぬかと裏腹です。生かされていることを感謝しつつ、いかに死を迎えるか真剣に受け止めて行かねばなりません。