おはようございます!
 
 今朝も元気に静かな朝を迎えています。日々淡々と過ぎていきます。三寒四温路繰り返しつつ春も間近です。日本独特の四季の変化ありしっかり味って行きたいものです。コロナ感染の規制も回復の兆し見え、間も無く緩和の動きのようです。このまま続けても大変ですが緩和してまた振り返しては取り返しのつかない所あり、当局をはじめ皆頭を痛めています。感染防止と経済対策相反する所ありどうすべきか判断に迷う所です。長い人類の歴史の中でこういう事例何度か起きています。対応の難しさを実感します。

 再生医療研究会の監査役を引き受けています。事務局の人監査報告の件で来所され意見交換しました。何度かこの設立会議に出席しましたが設立意義と目的、具体的に何をしようとするかまだ曖昧でなかなか先へ進みません。再生医療の対象者を明確にして、どうすべきかをしっかり掘り下げ、整理し、今後何をしようとするのかを明確にして今後の方向づけをやらねばなりません。医師会の大きな流れの中でこの事業をどう位置付けて行くのか考えねばならなない時で、課題山積しています。現状とこれからを考え何をすべきかもっと深く考え対応して行かねばなりません。何事も何かを始める時ここを明確にして取り組むことが大切です。

 夕方から倫理法人会の経営勉強会の講演会で玉名市に出かけました。経営者を中心にした勉強会で丸山敏雄氏の教えをもとにした勉強会です。全国組織で活動されています。倫理の教えを具体的に経営に落とし込んだらどうすべきを考える会です。改めて話を伺うともう一度原点に立ち戻り考えねばならないこと沢山あります。私もこれまで経営経験しましたが改めて反省すべき点多々あり、勉強になります。大転換期の経営環境の中経営者としての自覚、経営者の役割の話でしたが見につまされ反省すべきこと多々あり勉強になりました。経営のあり方ライフワークと考えています。